【アップデート情報】スポーツコードV12.2.35
見出し画像

【アップデート情報】スポーツコードV12.2.35

スポーツコードのアップデート情報です。12.2.35が公開されました。

改善点

プレイリスト
プレイリストからデータベースにクリップを追加する機能を追加しました。スタンドアロンのプレイリストから参照データベースへのクリップの追加は現在サポートされていません。

データベース
データベースのコードビューモードにおいて、ソースのタイムライン上でのインスタンスの行名と番号を表示する「オリジナル:」という新しい情報を追加しました。この変更により以前のアプリバージョンのデータベースを開くことができないため、ユーザーが同じバージョンにいることをお勧めします。

検索と置換
フロントタイムラインのラベルとラベルグループを検索して新しいテキストに置き換える機能を追加しました。これらの結果をインスタンスプレーヤで表示したり、他のコンポーネントに送信する機能が将来のリリースで追加される予定です。

タイムラインが新しいデータで更新された時に、ライブデータのインポート中にインスタンスの選択を保持するように動作を改善しました。

ビデオが「Hudlから開く」を経由してダウンロードに失敗した場合、プロセスをキャンセルしてウィンドウを閉じるオプションを追加しました。

修正点

クリップが以前にプレイリストで編集されていた場合、データベースに送信されたクリップの再生時間が正しくない問題を修正しました。

フルスクリーンコーディング中に、特定の条件でタグ付けされた瞬間からインスタンスが同期しなくなる問題を修正しました。

command+option+clickとdragのような特定のキーの組み合わせで、キーを離してもプレイヘッドでマウスがドラッグされてしまう問題を修正しました。

特定のシナリオでパッケージ名が検索ウィンドウに正しく表示されない問題を修正しました。

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト