見出し画像

2022-23シーズン ヨーロッパ5リーグのベストイレブンをご紹介!

ナポリの33年ぶりのセリエA優勝、マンチェスター・シティの歴史的三冠、バイエルン・ミュンヘンのブンデスリーガ最終節の劇的勝利......2022〜23シーズンはシーズン最後の瞬間まで、さまざまなドラマがありました。

それでは、ヨーロッパ トップ5リーグのベストイレブンはどの選手でしょうか?Wyscoutのランキングでは、選手をスタッツに基づいてポジションごとに評価しています。

攻守ともに優勝したナポリが牽引した、セリエA

ナポリがセリエA優勝を成し遂げた要因のひとつとして、間違いなく主要選手の活躍が挙げられます。
 
ビクトル・オシムヘン選手は26ゴールで得点王に選ばれ、ゴールとアシストの合計でもリーグトップの30を記録。イタリアの誰よりも多くのシュート(127本)とボックス内タッチ(202本)を記録し、リーグ最多となる7つのヘディングゴールで空中戦の脅威まで証明しました。

ルチアーノ・スパレッティ監督率いるナポリの自由奔放な攻撃が注目を集めた一方で、わずか28失点というセリエA最高の守備力も見どころでした。特にセンターバックのキム・ミンジェとアミール・ラフマニが注目されています。

特にキム・ミンジェ選手は、90回あたり平均11.99回のリカバリーと、ディフェンスデュエル(1対1)での成功率73.03%を記録。最も際立ったのは、ボール保有時のクオリティです。キム選手の毎分6.07のボールプログレッションはイタリア最高で、ヨーロッパのトップ5リーグ全体で3番目に多いパス数(2,686本)をみせました。

2位で終えたラツィオでは、GK イヴァン・プロヴェデル選手がリーグ最高の6失点阻止を記録、中盤の策略家セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ選手はスルーパス(69本)とスマートパス(51本)でトップ、 9ゴール7アシストを記録しました。

インテルを牽引するラウタロ・マルティネス選手は、ゴールとアシスト合わせて27回の活躍。その結果インテルは3位、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たしました。

セリエA MVPも、U23世代から!

ナポリのもう一人の傑出した選手が、セリエAの最優秀選手賞を受賞したクヴィチャ・クヴァラツヘリア選手です。彼の10アシストはセリエA最高で、255回のドリブル成功と59回の長距離パス成功は2番目に多い結果となりました。さらにキーパス32本という記録は、ヨーロッパ全土のU23選手でも3位という記録に。

他にも、多くの若き才能が見られました。俊足左サイドバックのデスティニー・ウドギー選手は、90試合あたり平均10.13回のオフェンスデュエル成功(1対1)、90試合あたり5.2回のドリブル成功を記録し、トッテナムが20歳の彼を獲得したのも頷けます。

注目のデンマーク人ストライカー、ラスムス・ホイルンド選手はイタリア移籍1年目にアタランタで9ゴールを決め、彼の枠内シュート精度55.56%を超える選手はいませんでした。

ACミランでは、セリエAで3位のスルーパス数(48本)を記録したミッドフィールダーのサンドロ・トナーリ選手を含む3人の選手が活躍しました。

5リーグトップのドリブラーも!ラリーガ

バルセロナは、38試合でわずか20失点という堅実な守備を主軸に、4年ぶりのリーガタイトルを獲得しました。GK マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン選手は、90得点あたりわずか0.45失点と驚異的な好調を維持し、リーガ最多の6.61セーブ。後方からのビルドアップでも重要な役割を果たし、パス成功率90.22%を誇りました。

ピッチの反対側では、夏にバイエルン・ミュンヘンから移籍したロベルト・レヴァンドフスキ選手が、すぐにスペインサッカーに順応した姿を見せました。23得点でトップに立ち、枠に当たった7本のシュートが決まっていれば、さらに多くの得点を記録できていたかもしれません。 

前線のアントワーヌ・グライツマン選手も素晴らしいシーズンを過ごし、ゴールとアシストの合計は29とレヴァンドフスキ選手とわずか1点差。ラ・リーガで最も多くのキーパス(39本)とスマートパス(50本)を記録しただけでなく、フランス人選手の14アシストはトップ5リーグ全体でも2番目に多い数字でした。

おそらく現在スペインで最もエキサイティングな選手の一人、ヴィニシウス・ジュニオール選手も素晴らしい活躍でした。彼のドリブル成功数 451回は、トップ 5リーグの中で圧倒的に多かったです(次いでニコ・ウィリアムズ選手の 280回)。プログレッシブランを多く決め (232 回)、ファウル数もヨーロッパで最多タイ (117 回) 。 さらに、リーガでペナルティエリア内で最も多くタッチし(203回)、トップ5リーグのU23選手の中で最もキーパスを決めました(33回)。

アスレティック・ビルバオの育成の強さがあらわに。ラリーガ U23

ヴィニシウス・ジュニオール選手が、ディフェンスデュエル成功(310本)で3位、クロス成功(156本)でトップとなりました。

また、アスレティック・ビルバオからニコ・ウィリアムズ選手、オイハン・サンセット選手、ダニ・ヴィヴィアン選手が揃いました。バスク人のみというクラブ方針のもと、自国のアカデミーから人材を集める必要性を考えれば、このクラブがユースに重点を置くのは当然です。

特に36試合に出場し、中盤から10ゴールを決めたサンセット選手にとっては、成長のシーズンとなりました。今シーズンのファイナルサードでの1.79回のリカバリーと90回あたりのカウンタープレスでの2.74回のリカバリーが示すように、ボールを前に運び奪い返すこともできる選手です。

セルタ・ビーゴのガブリ・ベイガ選手も11ゴール2アシストと躍進。バレンシアのジョルジ・ママダシュビリ選手はトップ5リーグで最多出場時間(3801試合)を達成した選手となりました。若いゴールキーパーに多くの責任が与えられる珍しい中、印象的な数値です。

守備の固いランスに注目。リーグアン

ランスの2位フィニッシュは、注目の的となりました。わずか3年で2部からチャンピオンズリーグに進出し、シーズン中はホームで1試合しか負けず、フランス最高の守備成績を誇りました。ランスの失点はわずか29にとどまり、プシェミスワフ・フランコウスキー選手、ケビン・ダンソ選手、ジョナサン・グラディット選手が後方の四人に選ばれました。またゴールキーパーのブリス・サンバ選手の11.72ゴール阻止はフランスで最高、トップ5リーグでは2番目の記録です。

あのリオネル・メッシ選手とキリアン・ムバッペ選手が前線にいることは言うまでもありません。ムバッペ選手は29ゴールを決め、5シーズン連続で得点王。ペナルティエリア内での平均タッチ数が90回あたり7.6回を超えるヨーロッパの選手はいません。

一方、メッシ選手はフランスで14アシストを記録し、合計G+Aは30となりました。アルゼンチン代表として世界チャンピオンになったほか、スルーパス(165本)、スマートパス(134本)、そして長距離パス(140)でトップ5リーグで1位となりました。

他の場所では、ロリアンのエンツォ・ル・フェ選手とマルセイユのヌーノ・タバレス選手が印象的でした。タバレス選手はドリブル(184回)とプログレッシブラン(89回)でフランスのトップ10に入り。ル・フェ選手はリーグアンで唯一100 回以上のタックルを決めています。

リーグアンの若き才能も見逃せない

ヨーロッパ全土で最も好調な若手フォワード 2人が選出。リールのジョナサン・デイビッド選手は24ゴールでフランスで得点ランキング3位です。さらに、トップ 5 リーグで最も高いゴールとアシストの期待値32.38を記録しました。

また、リーグ戦で21ゴールを決めたロイス・オープンダ選手が前線に加わりました。トップ5リーグのU23カテゴリで3番目に多いゴールとアシスト数(25)を記録。最多のヘディングゴール(5ゴール)も見せています。

さらに、ザカリア・アブクラル選手とファレス・チャイビ選手の存在も見逃せません。アブクラル選手はリーグ戦で10ゴールを決め、20歳のチャイビ選手は5ゴール5アシストという素晴らしいデビューシーズンをマークしアルジェリア代表チームへも招集されています。

カステッロ・ルケバ選手とアーサー・テアテ選手のセンターバックは、トップ5リーグで最も多くのパスを出した2選手です。(それぞれ2,176本と2,485本)

19歳&20歳がベテランに負けない活躍!ブンデスリーガ

19歳のジュード・ベリンガム選手はベテラン選手に遜色ない活躍を見せました。ドイツ国内で最も多いスマートパス(42本)、スルーパス(55本)とドリブル(190本)でトップ5にランクイン、さ​​らに8ゴール4アシストを記録。レアル・マドリードへの大金移籍が完了し、来シーズンも注目です。

89分にゴールを決めバイエルンにタイトルをもたらしたジャマル・ムシアラ選手は、20歳ながらリーグを代表する選手の一人です。ゴールとアシストの合計22回はドイツで2番目に多い結果となりました。

そして最大の驚きは、デビューシーズンにリーグで最も直接的なゴール関与(15ゴール10アシスト)を記録したフランス人ストライカー、ランダル・コロ・ムアニ選手でしょう。

フランクフルトのゴール数の26%に貢献しただけでなく、ドリブル数(222回)とペナルティエリア内でのタッチ数(163回)でもリーグトップに立ちました。

ブンデスリーガのもう一つの驚きは、ウニオン・ベルリンの史上初となるチャンピオンズリーグ出場権獲得でしょう。守備に強みをもつ中、GK フレデリク・ロノウ選手がに選ばれています。90失点あたり0.86失点はバイエルンのマヌエル・ノイアー選手と並びましたが、リーグ最多失点阻止となっています。

トップ5入りの記録がずらり!ブンデスリーガ U23

ヨーロッパのトップクラスの若手が所属するリーグとしての評判が高い、ブンデスリーガ。前述のベリンガム選手とムシアラ選手に加え、マタイス・デ・リフト選手、ジェレミー・フリンポン選手、ドミニク・ショボシュライ選手も選ばれています。

レバークーゼンのジェレミー・フリンポン選手は、ブンデスリーガで最多プログレッシブラン(153本)と、ドイツのU23選手の中で2番目に多いキーパス(23本)を記録し、ヨーロッパで最もオフェンシブな右サイドバックの一人である所以を示しました。 

ドミニク・ショボシュライ選手も6ゴール7アシストを記録。さらにボックス外からの40本のシュートが示すように、遠いレンジからのシュートも恐れることはありません。

最年少は18歳のユスファ・ムココ選手で、わずか1,237分間のサッカーで7ゴール2アシストを記録しました。彼は90本中平均2.47本のシュートを放ち、枠内シュート率55.88%で部門内で3番目に高いシュート精度を記録しました。 

ニコ・シュロッターベック選手も、好調なデビューシーズンを終えて名を連ね、4ゴールを決めています。ブンデスリーガとヨーロッパトップ5リーグの全U23選手の両方で90本当たりのプログレッシブパス(12.09)でトップ3にランクインしました。

あまり知られていないのが、ケルンのリントン・マイナ選手です。23歳のウインガーは6アシストを記録し、リーグのU23選手の中でクロス(91本)、キーパス(22本)、プログレッシブラン(84本)でトップ5入りを果たしています。

3回連続ハットトリックも!プレミアリーグ

マンチェスター・シティのアーリング・ハーランド選手は左、右、そして中央で記録を塗り替えました。プレミアリーグの1シーズンで36ゴール、全公式戦で52ゴール、ホーム出場で3回連続ハットトリックを達成しています。

またゴールとアシストの合計は44で、この直接ゴールに関与した数値は 5リーグトップです。総シュート数(119本)が9位であることを踏まえると、ゴール前での驚異的な成功率を証明しています。

プレミアリーグ準優勝のアーセナルからは3選手が名を連ねています。マルティン・ウーデゴール選手が攻撃を指揮し、15ゴールと7アシストを記録。ガビリエウ・マルティネッリ選手も15ゴールと5アシストを記録しました。

ニューカッスルからは守備3選手が名を連ねています。ニック・ポープ選手の90あたり0.8失点はリーグ最高で、キーラン・トリッピアー選手は14.2アシスト(欧州最高)と159クロスをみせています。

チームが本調子ではなかったにもかかわらず、優秀な成績を収めた選手もいました。トッテナムのハリー・ケイン選手の30ゴールは、プレミアリーグの過去10シーズン中8シーズンで得点王に選ばれるのに十分な数字でした。

同様に、リバプールが5位に後退したにもかかわらず、モハメド・サラー選手は依然として19ゴールと11アシストを記録し、プレミアリーグで直接ゴールに関与した数値として3位となりました。また、セカンドアシストはトップ(8回)で、ペナルティエリアでのタッチ数もトップ5リーグで2番目に多い結果になりました。

プレミアリーグ U23の注目選手は?

U23、アーセナルとニューカッスルから多くの選手を獲得しています。

守備では、イングランドで素晴らしいデビューシーズンを過ごしたスヴェン・ボットマン選手とウィリアム・サリバ選手がセンターバックのコンビを構成。ボットマン選手はトップ5リーグU23選手の中で2番目に多いブロック数(25)を記録しました。

さらにブカヨ・サカ選手が加わり、クラブにも代表にも不可欠な選手に成長しました。14ゴールと9アシストはU23選手としてはヨーロッパで4番目、ドリブル数(258回)とプログレッシブラン(141回)ではプレミアリーグトップにランクインしています。

ノッティンガム・フォレストはシーズンの大半において降格争いを続けているにもかかわらず、2人の選手がイレブンに選出されています。統計を詳しく調べると、モーガン・ギブス=ホワイト選手が選出されているのは当然と言えるでしょう。 期待アシスト数(9.86)と空中戦(199)でトップ5リーグのU23選手で最高位にランクされ、スマートパス(46本)では2位、キーパス(26本)では4位となっています。

そのほか、クリスタル・パレスのタイリック・ミッチェル選手は、プレミアリーグとトップ5リーグのU23選手の両方でディフェンスデュエル数(313)で2番目に高い成績を収め、その功績を称えられています。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!