Hudl Japan

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト

Hudl Japan

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト

    マガジン

    • Hudl最新情報

      最新の機能の紹介記事や、ウェビナーなどをまとめます。

    • Hudl国内ユーザー事例

      Hudlプロダクトを使用している国内ユーザー事例です。

    • Hudl海外ユーザー事例

      Hudlプロダクトの海外ユーザー事例です

    • Hudlサッカー関連

    • スポーツコードアップデート情報

      スポーツコードのリリースノートの日本語記事をまとめています。

    最近の記事

    プロダクトアップデート情報(2022.12.02)

    この2週間でのプロダクトのアップデートのまとめです。 (詳細な情報についてはこちらご参照ください ※英語ページになります) ご不明点などはお気兼ねなく担当者までご連絡ください。 1. Sportscode 12.4.19 (2022/11/18)修正点 4GB以上のプレイリスト、またパッケージを「Hudlにアップロード」からアップロードした際のエラーを修復しました 2. Sportscode 12.4.20 (2022/11/29)修正点 パフォーマンスの改善とシステ

      • 客観的視点が選手寿命を伸ばす。常葉大学サッカー部 山西監督が語る映像分析の恩恵

        現役時代はジュビロ磐田や清水エスパルスで活躍した山西尊裕(やまにし・たかひろ)さん。引退後の2013年には常葉大学浜松キャンパス サッカー部コーチに就任、2022年からは監督としてチームを率いています。 山西さんが指導において重要視するのが、客観的な視点です。常葉大学サッカー部ではHudlを導入後、選手が積極的に映像分析を活用。自分自身のプレーを客観的に振り返ることで、サッカーの理解を深めています。 「映像分析が発展し、主観と客観の視点を持ち合わせた選手が増えた。選手寿命

        • Wyscout、Hudl Sportscode、Studioを使いこなす。サッカーアラブ首長国連邦代表の活用法

          サッカーアラブ首長国連邦代表のアナリストを務めるのが、Karim Tayara氏です。ブルネル大学(ロンドン)でスポーツ科学の学位を取得後、ウェストハム・ユナイテッドFC(イングランド プレミアリーグ)アカデミーやレディースで分析を担当したのち、現職へ。29歳という若さながら、すでに多くの現場で経験を積んでいます。 分析官の仕事は多岐に及びます。「対戦相手の分析や試合前の準備といった指導者のサポート、練習と試合の分析、試合後に選手へ見せる映像の抽出、リアルタイム分析....

          • プレー前後の行動こそ、パフォーマンスに直結。エンポリア州立大学ソフトボールチームの映像分析

            エンポリア州立大学では、Hudlを活用した映像分析を行なっています。特に映像の重要性を理解し積極的に取り組んでいるのが、ソフトボールチームのヘッドコーチ April Rosales氏です。 試合と練習の映像をHudl Focusで自動的にキャプチャし、Hudlにアップロード。さらに、iPadで撮影したものもHudlアプリから即時で共有しています。これにより選手とコーチ陣は、すぐに映像をみて話し合うことができています。 「時間が経ってから映像を見るのではなく、その場で見て、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Hudl最新情報
            Hudl Japan
          • Hudl国内ユーザー事例
            Hudl Japan
          • Hudl海外ユーザー事例
            Hudl Japan
          • Hudlサッカー関連
            Hudl Japan
          • スポーツコードアップデート情報
            Hudl Japan
          • Hudl Sportscode テクニック
            Hudl Japan

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            アカデミーでこそ、Hudlが必要。ロサンゼルス・ギャラクシーのクラブ強化策

            クラブが強くなるために、アカデミー選手の育成は不可欠です。 特にMLS(アメリカおよびカナダのプロサッカーリーグ)ではサラリーキャップ制度があり、所属選手へ支払うクラブの年棒総額に上限が設定されています。その中で、アカデミー出身選手の年棒はサラリーキャップにカウントされなかったり、別で予算が準備されていたりするのです。 今回は、アカデミーからトップチームまでHudlを使用しており、映像分析に力を入れているMLS所属のロサンゼルス・ギャラクシー(以下、ギャラクシー)の事例を

            客観的なデータが、結果につながる。安田学園高校バスケ部を支える“Hudl Assist”とは?

            <トップ写真提供:安田学園高校バスケ部> 試合映像をアップロードするだけで、分析やスカウティングができるHudl Assist(ハドル アシスト)。安田学園高校 男子バスケットボール部でヘッドコーチを務める三原学(みはら・まなぶ)さんも、その利便性を実感しています。 同高校出身の三原さんは、「指導者になる」という目標を掲げ早稲田大学へ進学。スポーツについて学び、教師そして指導者として母校に戻ってきました。 しかし、待っていたのは多忙な日々でした。教師としての仕事をこなし

            アマチュアレベルでこそ、映像分析が効率的。Haverfordwest County AFCでの取り組み

            「映像は、証拠になります。指導時の説得力が増すんです」(Nicky Hayen氏) Hayen氏は、2021-2022年シーズン、ウェルシュ・プレミアリーグに所属するHaverfordwest County AFCの監督兼テクニカルディレクターを務めました。 ※2022-2023シーズンからは、ベルギー2部のClub NXTで監督に就任しています。 現役時代、Hayen氏は主にベルギー1部で、プロ選手として400試合以上に出場。31歳の時の試合中の怪我を機に引退しました。

            アイスホッケー界が、Hudlとともに歩むワケ。映像分析を活用するべき理由3つ

            予算と見合った金額感で、クラブの発展に寄与するツールは何か。 勝つために、トップクラブが常に模索していることです。その中で、コーチングやリクルーティングにおいて、ビデオ分析とスタッツほど価値のあるものはありません。 アイスホッケー界でも、分析を取り入れる動きが高まっています。映像を活用するべき理由を、3つご紹介します。 指導時間を短縮し、練習効率を上げられる技術を活用すれば、時間を大幅に節約することができます。単純ですが、指導者にとって重要なことです。 練習の一分一分

            スカウト向けデータは、トレーニングにも使える。佐久長聖女子サッカー部コーチが語る、Wyscout活用法

            <トップ写真:本人提供> ※写真は星稜高校女子サッカー部指導時。 世界最大級のサッカーのデータベース『Wyscout』では、世界で約43,000を超えるチームの試合映像や、約460,000人の選手情報をチェックすることができます。この『Wyscout』を分析に活用しているチームの一つが、佐久長聖高校女子サッカー部(長野県)です。 コーチを務める月守麻美さんは、広島大学大学院卒業後に、星稜中学サッカー部で指導者としてのキャリアをスタート。その後は星稜ジュニア、星稜高校女子サ

            「インハイの開催地すら知らなかった」。予想を覆す大金星を磐田東にもたらした映像分析。

            2022年6月、インターハイ(総体)静岡予選で優勝を果たした磐田東高校サッカー部。準決勝で前年度王者・静岡学園を撃破し注目を集めると、決勝では藤枝明誠に2-0と快勝を収め、実に16大会ぶりとなる本選出場を決めました。 そんな磐田東の躍進を支えたのが、Hudlによる分析です。パスサッカーを志向する彼らは、日頃からボール支配率やパス本数などのデータや試合映像をチームで共有。チームコンセプトの浸透を深めてきました。 チームを率いる山田智章(やまだ・としあき)監督も、Hudlのス

            【大型アップデート】スポーツコードV12.4.9

            スポーツコード12.4.9が公開されました。大型の新機能実装がありましたのでご紹介していきます! ヒートマップチャートの種類に「ヒートマップ」が追加されました。これにより、X/Y座標を持ったサードパーティーのデータを可視化できる他、マップ内をラベルのようにクリックすることでヒートマップを作成することもできるようになりました。 スタッツウィンドウV11までで愛用頂いていた方も多い、「スタッツウィンドウ」を実装しました! 表計算のようなレイアウトの中で各セルにスクリプトを記

            中学サッカー“最強”の街クラブ・FC LAVIDAの指導者を支えるHudlの効果

            かつては部活動がメインだった“中学サッカー”において、この15年でクラブチームが増加しました。いわゆる“街クラブ”です。特に首都圏でそれは顕著で、まさに群雄割拠の時代となっています。 2012年に立ち上がった埼玉の街クラブ「FC LAVIDA」もその一つ。Jリーグに所属するクラブの育成組織を次々に倒して注目を集め、2021年度の高円宮杯 JFA 第34回全日本U-15サッカー選手権大会では準優勝。設立10年での全国2位という偉業に、サッカー界で大きな注目を集めました。 そ

            数字によって、信頼関係を築く。オレゴン ジュニア バレーボールアカデミーの事例

            アメリカ・オレゴン州を拠点に活動する、オレゴン ジュニア バレーボールアカデミー。大学で指導経験があるコーチ陣に、一年を通してプレーできるバレーボール専用施設と、全国屈指の環境が整っています。 Hudlを用いて、数値をもとにした一人ひとりへの細かい指導ができています。またデータの裏付けがあることで、保護者の方々がチームの戦術に対してより納得できるようになりました。具体的な活用法と効果をご紹介します。 大きい組織だからこそ、分析が活きてくる組織が大きくなればなるほど、選手一

            5部でも、プレミアリーグレベルの分析を。英ソーリハル・ムーアズ・フットボールクラブの事例

            ソーリハル・ムーアズ・フットボールクラブは、イングランド ナショナルリーグ(5部相当)に所属するクラブです。創設15年の若いクラブですが、Wyscoutとハドルスポーツコードを活用し、3〜5年以内のプロ参入を目指しています。 日々のスカウティングやリクルーティングでどのようにツールを活用しているのか、テクニカルディレクター Craig Cope氏とヘッド・アナリスト Megan Reesby氏にお聞きしました。 ※Wyscoutについて:400以上のリーグの映像とスタッツ

            育成でも、トップレベルの分析環境。ブロムリーFCがHudlをフル活用する理由

            サッカー・イングランド ナショナルリーグ(5部相当)に所属するブロムリーFCでは、プロチームも羨むようなデータ分析体制が整えられています。同クラブはEFLリーグ1(イングランド3部相当)への昇格を目指し、スポンサーから多額の投資を受けているチームです。 ドローンやPTZカメラ(遠隔操作でカメラの首振りを制御できるカメラ)を駆使した練習映像の撮影、Hudl Sportscodeを活用した分析、Wyscoutからリクルーティング用のデータと映像提供......まさにトップレベル

            WEリーグ優勝の影の立役者!?INAC神戸レオネッサ・星川敬監督が語る映像とデータの活用法

            2021年9月に日本初の女子プロサッカーリーグとして開幕したWEリーグ。初代王者に輝いたのは、第16節まで無敗を貫くなど圧倒的な強さを見せたINAC神戸レオネッサ。 実は、無敗街道を突き進んでいた12月に行われた皇后杯でまさかの敗戦を喫したあと、星川敬監督が後半戦の切り札として選んだのが、WyscoutとStudioでした。 これらのテクノロジーがINACの後半戦の戦いぶりにどのような影響を与えたのか、星川監督に伺いました。 (聞き手:Hudl 高林 諒一) ──WEリー