マガジンのカバー画像

Hudlプロダクト紹介

7
Hudlが取り扱っているプロダクト(Hudl、HudlSportscode、Wyscout、Volleymetrics)の紹介です
運営しているクリエイター

記事一覧

映像と数値を、同時に比較可能。分析作業画面をカスタマイズできるHudl Betaについて…

(トップ画像のキャプチャ内の映像はイメージです) 今回は、アメリカンフットボール専用のHu…

3か月前

HudlにオンラインMTG用機能「セッションシェア」が登場!

こんにちは。TKB84です。 HudlにオンラインMTGで大活躍間違い無しの新機能「セッションシェア…

録画・アップ・配信まで全自動。17万試合で使われたAIカメラ「Hudl Focu…

今回は、Hudlが開発したAIカメラ「Hudl Focus」についてご紹介していきます。 Hudl Focusとは…

1年前

面倒な試合のタグ付け、24時間で自動処理。Hudl Assistとは?

前回のコラムnoteでは、Hudl Focusについて取り上げました。 今回は、スポーツ分析をより効率…

1年前

活用法を、体系的に日本語で学べる。映像分析e-ラーニングシステム「Hudl Academy」と…

「映像分析ソフトって、英語も多くて使いこなすまで時間がかかる...」 このように感じられた…

1年前

Hudl Replayにコーチタギング機能が実装!

Hudl Replay (2.37.0)が公開され、待望の新機能「コーチタギング」が実装されましたのでご紹介…

10か月前

【Hudl活用事例】得点・失点シーンから詳細なプレー分析まで。実際の活用法をご紹介

Hudlでは、映像をプレーごとに自由にタグ付けできるため、見たいプレーを抽出して見ることができます。自チーム、相手チームそれぞれのプレーごとに映像から、より正確な傾向を掴めます。Hudlの各スタッツレポートも参考に、多くのチームにご活用いただいています。 実際にどのように使用されているのか、ぜひ自チームの取り組みの参考にもしてみてください! 選手自ら考える材料にも。プレー集の活用ユーザーの皆様の声を集めたところ、複数試合の映像データから自チームや相手チームの得点シーン集、

スキ
5