【アップデート情報】Studio 1.4.1
見出し画像

【アップデート情報】Studio 1.4.1

Hudl Japan

Studioのアップデート情報です。今回はリリース以来最大のアップデートとなります。

現在お使いの方は、インターネットに接続された状態でStudioを開いているとアップデートが自動でインストールされます。


新機能

プレイヤーの視線の方向を表示する「ビジョン」ツール

プレーヤーのスピードと移動距離を表示する「パスメトリクス」機能。
(ディスクのインスペクタ内「アドバンスト」に軌跡の測定というオプションを追加しました。)

ストップウオッチ、カウントダウンタイマー、ゲームタイムを表示する「タイマー」ツール

これらの新機能は、過去数ヶ月にわたってベータテストを行ってきましたが、今回のリリースからすべてのユーザー様にご利用いただけるようになりました。

時間短縮のための機能強化

今回のリリースでは、プレゼンテーション作成にかかる時間をさらに短縮するために、いくつかのワークフローの改善が行われています。その一つが、ピッチ上のラインをStudioが正確に自動検出できない場合に必要となる、手動キャリブレーションのプロセスに関するものです。この機能を使用すると、キャリブレーションの設定を同じ会場で録画された他のビデオクリップにコピーすることができるので、各クリップを個別にキャリブレーションする必要がなくなります。


また、グラフィックの追加・編集も簡単になりました。多くの種類のグラフィックスは、ビデオ上をクリックしてドラッグするだけでクリップに追加でき、8つのドラッグハンドルをクリックしてドラッグすることでサイズを変更できるようになりました。

ラグビーへの正式対応

ラグビーチームは、ゴール裏カメラの自動キャリブレーションなど、サッカーチームが利用できる3Dツールをすべて利用できるようになりました。今年は50以上のラグビーチームがStudioをテストし、成功を収めました。


Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

Hudl Japan
スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト