校内スポーツを観戦する人が、圧倒的に増えた。米公立学校に見るHudl導入後の変化
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

校内スポーツを観戦する人が、圧倒的に増えた。米公立学校に見るHudl導入後の変化

Hudl Japan

「Hudlを導入したことで、校内スポーツはこれまで以上に活発になりました」

Brookfield Central High Schoolは、米ウィスコンシン州にある公立中等学校です。2020年のコロナ禍に、Hudlを学内の全チームへ導入しました。その効果について半信半疑で始めたものの、今では「単なる『映像分析ツール』ではない」と語るほど。作業時間の短縮やライブストリーミングの充実といった、導入後の学内スポーツの変化についてお聞きしました。

「コロナ禍で練習できなくても、選手を成長させたい」

「コロナ禍で活動に制限がかかる中でも、校内スポーツを盛り上げたい」Brookfield Central High School スポーツディレクターのDon Kurth氏がHudlに注目したのは、この思いがきっかけでした。

「最初に実感した効果は、指導者一人ひとりの作業時間の短縮がされたことです。時間ができたことで、練習に行って直接選手と話す時間を増やせたり、プライベートの時間をより確保できるようになりました。選手も指導者もストレスが溜まりやすいコロナ禍。お互い密にコミュニケーションがとれていることは、メンタル面で重要だと感じています」

地域の方が観戦する、学生スポーツに

Brookfield Central High Schoolでは、Hudlアカウントと連動できるHudl専用のスマートカメラ「Hudl Focus」も導入しています。設置するだけで、録画から配信プラットフォームへのアップロード、配信までを全自動で行なってくれるものです。


Hudl Focusを活用して、リアルタイムで学校のYouTubeチャンネルに各チームのホーム戦・アウェイ戦全ての動画を配信しています。このおかげで、「校内スポーツを観戦してくれる方が圧倒的に増えた」とKurth氏は話します。

「2020年11月〜2021年3月までで、合計約10万回のビュー数を記録しています。ご家族の方や地域の方が、かなり見てくださっている印象がありますね。コロナ禍が終わり有観客で開催できる日々が戻ってきたとしても、ライブストリーミングは継続していきたいです」


海外の学校でのHudl導入事例については、こちらもぜひご一読ください!


<元記事リンク>


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

Hudl Japan
スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト