見出し画像

シンガポールの次世代サッカー選手育成におけるテクノロジーの役割

シンガポールサッカー協会 (FAS) は、若手選手の育成を通じたナショナルチームのパフォーマンス向上、という目標を掲げています。

未来のナショナルチーム選手のハイパフォーマンス実現を可能にする新たな道筋を描きながら、試合で優位に立つためにシンガポールでテクノロジーを活用する方策について、FAS のテクニカルディレクターとサッカーアナリストにお聞きしました。

FAS の長期目標は、あらゆる年齢層の、男女選手のレベルを向上させることです。この戦略は、国立選手育成センター (National Development Centre: NDC) とジュニア育成センター (Junior Development Centre: JDC) の主導の下進められています。両センターは、FAS テクニカルディレクターのマイケル・ブラウン氏の技術指導の下「Unleash The Roar: UTR」(シンガポールサッカー向上のための国家プロジェクト) が運営しています。

「私たちは近年、U-8 から U-12 年代の JDC と、U-13 から U-16 年代の NDC を創設しました。両センターから将来、シニアナショナルチーム選手が生まれることを確信しています」とブラウン氏。

ここ数年、シンガポールの U-19 代表チームは AFC アジアカップ地区予選を勝ち上がっていないため、ブラウン氏とそのチームには問題が山積しています。そのため、若手選手育成への道筋設定はすでに準備が進められていますが、その必要性が特に注目されています。FAS の選手育成は、新たに導入された個人的責任の分析システムをベースとした、選手一人ひとりのパフォーマンス分析を通じて行われます。若手選手が将来クラブレベルからナショナルチームレベルへ飛躍するための鍵は、このように個々の選手育成を重視することなのです。

「NDC の選手は、日常的には特定のチームとなってプレーすることはありません。NDC が選出した選手は、週末はシンガポールユースリーグ (Singapore Youth League) の自分のクラブに戻ってプレーします。ですから、すべての NDC の選手には個別の育成プランがあり、コーチはトレーニングや、ユースリーグ内のクラブゲームでの選手のパフォーマンスをモニターすることになります。この方法は、NDC の選手にとり、自分自身のパフォーマンスを振り返る好機となるのです」とブラウン氏は説明しました。

新しく創設された NDC の目標は、さまざまなランクのシンガポール年齢別ナショナルチームから生まれる才能のレベル向上です。

そのため、若手選手育成への道筋設定はすでに準備が進められていますが、その必要性が特に注目されています。FAS の選手育成は、新たに導入された個人的責任の分析システムをベースとした、選手一人ひとりのパフォーマンス分析を通じて行われます。若手選手が将来クラブレベルからナショナルチームレベルへ飛躍するための鍵は、このように個々の選手育成を重視することなのです。

「NDC の選手は、日常的には特定のチームとなってプレーすることはありません。NDC が選出した選手は、週末はシンガポールユースリーグ (Singapore Youth League) の自分のクラブに戻ってプレーします。ですから、すべての NDC の選手には個別の育成プランがあり、コーチはトレーニングや、ユースリーグ内のクラブゲームでの選手のパフォーマンスをモニターすることになります。この方法は、NDC の選手にとり、自分自身のパフォーマンスを振り返る好機となるのです」とブラウン氏は説明しました。

Pro Suite からの情報は、個別のフィードバックとして選手に提示されます。
それでは、Pro Suite のワークフローについて紹介しましょう。

  • Wyscout プラットフォームは、全世界 600 を超える試合の映像とデータを収集しています。

  • 試合映像を取得後、試合のデータを取り込んだ XML ファイルが Wyscout からダウンロードされ、Hudl Sportscode にインポートされます。

  • Hudl Sportscodeは、完全にカスタマイズ可能なプラットフォームで、インポートされた XML ファイルからインスタンスをコード化し、タグ付けし、クリップします。

  • 選択されたクリップは次にStudioに転送されます。Studio では映像にダイナミックな描画やグラフィックスが追加されるので、視覚表現が高度化されます。

  • Studio からのクリップは、選手とコーチのプレゼンテーション用に直接利用したり、個別のレビューのために、Hudl.com プラットフォームにエクスポートしたりできます。

  • Hudl プラットフォームは、さらに多くの描画を追加し、コメント欄から双方向のフィードバックを可能にする、オプション機能を提供します。

Wyscout は、コーチがシンガポールチームと対戦チーム両方のパフォーマンスから得た映像とデータを分析できるプラットフォームを提供します。このコンテンツは Hudl Sportscode にエクスポートされ、さらに深いレビューが行われます。

Hudl Sportscode 内では、データベース化を利用して、1 シーズン中の選手の成長を追跡します。

「データベース化で私たちがすることは、個々の選手のポジションに対するパフォーマンスの特定要素を抽出し、データベースに記録することです。1 シーズンを通じてデータベース化を続け、このプロセスを通して私たちは選手にフィードバックを与えられます。そこから、1 シーズンを通じた選手のパフォーマンス向上をモニターするのです。

目標は、シーズン終了時に選手の能力が開始時より高まっていることです」と語るラウ氏。

Pro Suite ツールの統合機能は、FAS の分析ワークフローを効率化し、貴重なリソースである時間を節約できます。「Hudl Pro Suite は統合して機能するため、現代のサッカー試合の分析には非常に有用なツールです。現在、アナリストにとって最重要なことは時間短縮です。特に Studio を利用すると、テレストレーションが容易になり、他の動画編集ツールに比べ、大幅な時短となります」とラウ氏。

Hudl Sportscode を活用することで、FAS の分析スタッフは選手一人ひとりのパフォーマンスメトリクスをデータベース化し、長期間の能力向上を評価します。 これにより、FAS は若手選手の成長を効率的に追跡できます。
Studio は Hudl Sportscode から直接リンクできます。この二つのプラットフォームはマウスを 1 回クリックするだけで統合されます。 Studio では、FAS アナリストは高画質グラフィックスと描画を、自己の Hudl Sportscode 分析に追加できます。

このようにワークフローを高性能にすることの目的は、現在のシンガポール選手のレベルを把握し、新たな課題に立ち向かえるよう彼らの能力向上を目指すことです。

将来の対戦チームのプレースタイルと、それへの対応方法を理解することも、目的の一つです。

ブラウン氏は次のように語りました。「レベルという観点では、ここ数年、シンガポール選手は他の ASEAN 各国より後れをとっています。他の国々はその育成プログラムに対応して順調に向上していますが、私たちはおそらく現状維持したままのようです。

シンガポールユースリーグという新しいユース大会をつくりましたが、その目的は若手選手の競技レベルを上げて、ユースナショナルチームとして競技する際には、レベルアップの幅が小さくて済むようにすることです。
アンダーエイジレベルでシンガポールのナショナルチームがプレーする競技の大多数では、ボール支配率もパス数も対戦チームより低くなると認識しています。

この状況は、シンガポール選手のレベルを向上させれば徐々に変えられます。ただ短期的には、ボール支配率を高め、効率の良いプレースタイルに変えることに集中する必要があります。」

「Wyscout と Sportscode を活用することで、ヘッドコーチが構築したプレースタイルに応じてプレーしているか否かをモニターできるようになりました。対戦チームのプレースタイルを見極め、そこからゲームプランを編み出すことに価値があります」とラウ氏は語っています。


本記事や製品に関するお問い合わせはこちら:

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!