ハイパフォーマンスを実現するワークフロー 〜目的・アイデンティティ・ゲームモデルと選手獲得〜
見出し画像

ハイパフォーマンスを実現するワークフロー 〜目的・アイデンティティ・ゲームモデルと選手獲得〜

Hudlは先日、プロサッカー関係者向けに、「目的・アイデンティティ・ゲームモデルと選手獲得におけるデータ活用」をテーマにしたウェビナーを開催しました。

関係者限定のクローズドなご招待にも関わらず100名以上にご登録をいただき、このテーマに対する注目度の高さを感じています。ご登録くださった皆さまに感謝申し上げます。

他競技の方々の一助になればと思い、ウェビナーの全編を公開させていただきます。こちらからご覧いただけたらと思います。

パネルディスカッション部分は文字起こしをして
別途後日公開予定です。お楽しみに。

今回のイベントでは、欧州サッカー界で豊富な経験を持つ専門家が、「目的」「アイデンティティ」「ゲームモデル」「データ活用」などについて語りました。

最初のセッションでは、「サッカーのビジネスモデル」と「ハイパフォーマンスを実現するワークフロー」という2つのキーコンセプトを通して、クラブや連盟における首尾一貫した長期戦略を成功させるためのベストプラクティスを紹介しました。

続いて、ハドルのシニアソリューションコンサルタントであるトム・グダルが、選手獲得においてデータを効果的に活用する方法を紹介しました。

セッションの最後には、Association of Sporting Directors(ASD)のメンバーによるパネルディスカッションを行いました。ASDのメンバーがゲストからの質問に答え、世界のビッグクラブを運営してきた経験を語っていただきました。


Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト