見出し画像

Wyscout、Hudl Sportscode、Studioを使いこなす。サッカーアラブ首長国連邦代表の活用法

Hudl Japan

サッカーアラブ首長国連邦代表のアナリストを務めるのが、Karim Tayara氏です。ブルネル大学(ロンドン)でスポーツ科学の学位を取得後、ウェストハム・ユナイテッドFC(イングランド プレミアリーグ)アカデミーやレディースで分析を担当したのち、現職へ。29歳という若さながら、すでに多くの現場で経験を積んでいます。

分析官の仕事は多岐に及びます。「対戦相手の分析や試合前の準備といった指導者のサポート、練習と試合の分析、試合後に選手へ見せる映像の抽出、リアルタイム分析......やることはたくさんあります」(Tayara氏)

Wyscout、スポーツコード、Studioの3つのツールを活用して、どのように代表チームをサポートしているのでしょうか。それぞれの具体的な使用法や、選手や指導者との連携の仕方についてご紹介します。

映像から、監督のプレースタイルに合う選手を探し出す

Wyscoutが一翼を担うのが、代表チームのリクルートです。「WyscoutはUAEプロリーグをほぼ網羅しているんです。まずは試合を見て、その後目に止まった選手のプレー集を Wyscoutで抽出しています。1試合に限らず複数の試合の情報が得られるのも助かっています」(Tayara氏)

チームのプレースタイルを加味した上で選手を検討するのも、Tayara氏の重要な役割です。「最近は選手のスタッツなど数値を重要視する傾向があります。ですが、監督の求めているプレースタイルに選手が合うのかどうかこそ重要だと思っています」(Tayara氏)

さらに、監督が求める選手像を具体的に見極めるのも大切だと指摘します。「例えば攻撃的なプレースタイルなら、どのようにプレッシャー下でボールをキープするかや、狭いスペースでどうプレーするかを見ます」

「ゴールキーパーなら、自陣から攻撃の起点を作れるか。ストライカーは、アグレッシブにプレスして、ボールを失ったときに素早く反応できるか。選手にどのような要素を求めるのかを明確にした上で映像を見ています」(Tayara氏)

Wysocutでは、世界中の選手のデータを追うことができる

早く、効率よく改善していく

スポーツコードは、主に自チームの分析に使用しています。「練習の映像から、選手に改善してほしいことを洗い出します。スポーツコードでクリップを作成して、選手がうまくできていること、さらに改善できることを提示しています」(Tayara氏)

スポーツコードでは、それぞれの選手やポジションごとにプレイリストを作成できる

Studioは、選手へ伝えたいことを視覚化するのに役立っています。「自チームの分析にしろ他チームの分析にしろ、改善点が一目でわかるので重宝しています」(Tayara氏)

直近ではHudl Replayも活用し始めました。「リアルタイムでデータと映像を入手できるのはありがたいです。試合中にベンチでコーチ陣が活用できますし、試合のハーフタイムや試合終了時に見せる映像をすぐ準備できています」

Studioでは、映像に矢印などを書き込める

Tayara氏は、Wyscout、スポーツコード、Studioを活用することで大幅に時間を節約することができています。チームの成長を効率よく加速度的に進めるために、映像分析は必要不可欠な要素です。Hudlではさまざまな指導者向けセミナーも実施しているので、ぜひチェックしてみてください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!