【新機能】リーグエクスチェンジ▶スポーツコード▶Hudl連携の進化
見出し画像

【新機能】リーグエクスチェンジ▶スポーツコード▶Hudl連携の進化

Hudl Japan

12.4.3のアップデートでひっそりと実装されていた新機能、本当に便利で作業効率を格段に向上させられるので、改めてご紹介をさせていただきます。

Hudlのリーグ単位での映像共有プラットフォーム、リーグエクスチェンジ。全世界様々なレベル、様々競技で活用されています。

現状でも既に便利だと言っていただいていたのですが、ユーザーインタビューを重ねる中で、より効率化を図ることができるポイントを発見しました。

それが、リーグエクスチェンジとスポーツコードを併用した際のワークフローです。

今までだと、リーグエクスチェンジの映像をスポーツコードにダウンロードして追加で分析を行い、そのデータを含めてチームのHudlに共有する場合、下記のような手順でした。

Exchangeから開く(スポーツコード)
▶分析作業
▶SCzipファイルの生成
▶Hudlにアップロード

しかし、SCzipファイルは映像ファイルも含まれるためファイルサイズが大きく、アップロードまでに時間がかかることが難点でした。

そこで今回のアップデートでは、リーグエクスチェンジから開いたパッケージをスポーツコードからHudlにアップロードする際に、Hudl側が映像を自動的にリーグエクスチェンジからチームのHudlライブラリに移動させ、スポーツコードからはXMLだけをアップロードしてくれる仕様に変わりました!

アップロードボタンをクリックするとリーグエクスチェンジのコンテンツの場合は
自動的に普段と違うウィンドウが表示されます

これにより、分析担当の方々が、余計な手間や余計な時間をかけずに、追加で分析した内容をチームに共有できるようになりました。

ぜひ使ってみていただけたらと思います!

機能の内容は記事執筆時点のものです。
今後変更が加わる可能性があります。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

Hudl Japan
スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト