Studioアップデート情報(1.3.0)
見出し画像

Studioアップデート情報(1.3.0)

スポーツコードのドローイングツール、Studioのアップデートです。

Studio 1.3.0が公開されました。インターネットに繋がった状況でスタジオを開いておくと、アップデートが自動的にダウンロードされ、インストールが完了すると通知が届きますので、スタジオを再起動してご利用ください。

追記:いくつかバグ修正がありましたので、1.3.2が最新版です.
(2021.9.9時点)

サポート競技

ラグビーの自動キャリブレーションが実装されました。

フィールドホッケーとオーストラリアンフットボールの 2D ツールをサポートしました。

新しいツール

時間を計測・表示するための「時計」ツールを追加しました。

スクリーンショット 2021-09-09 19.33.32


ビデオのスナップショットを保存できるようになりました。(表示→スナップショット)


既存のツールの改善

2Dオブジェクトをクロマキーオブジェクトの後ろに配置できるようになりました。(プロパティ→アドバンスト→Use with Chroma)

スクリーンショット 2021-09-09 19.33.06


プレイヤーの移動用矢印のスタイルを追加しました。

スクリーンショット 2021-09-09 19.27.56


タクティカルボードを追加するときに、静止画追加を求めるポップアップを追加しました。

タクティカルボードにボールやその他のシンボルを追加しました。


システム上のすべてのフォントをすべてのツールで使用できるようになりました。


2D/3Dディスクにフォントカラーのプロパティを追加しました。

2Dの矢印に不透明度を追加しました。


トラッキング関連

サッカーとラグビーでゴール裏の3Dトラッキングを追加しました。

すべてのカメラタイプで自動トラッキングを追加しました。

すべてのカメラタイプでキャリブレーション画像の自動検出を追加しました。

キャリブレーション画像周辺のトラッキングを改善しました。


その他の改善点

すべてのツールのプロパティの位置や表示を改善しました。

自動更新の失敗をユーザーに知らせるポップアップを追加(例:読み取り専用のパスからスタジオを実行した場合)しました。

チームカラーをプリセットから変更できるようになりました。

Hudl Sportscodeにエクスポートする際に、エクスポートする必要のないクリップはエクスポートしないようにしました(新しい変更はありません)。

設定に、任意のツールの最後に使用した設定を記憶するオプションを追加しました。

バウンディングボックスのハンドルを小さくするためのショートカットとメニューオプションを追加しました(小さなオブジェクトの移動を容易にするため)。


修正点

テキストバブルのレンダリングを改善しました。

非圧縮オーディオトラックを持つクリップのオーディオを適切にエンコードできるようになりました。

マルチアングルのクリップで同期が中断された後に再度同期すると、Hudl Sportscodeのプレイリストが破損する可能性がある問題を修正しました。

一部のパネルの配置を修正しました。

移動オブジェクトのタイムラインを縮小する際の終了キーフレームに関する問題を修正しました。

移動ツールのバウンディングボックスの動作を改善しました。

潜在的なクラッシュを修正しました。

静止画のパス動作を修正しました。

複数の一時停止を行う際の一時停止シークを修正しました。

ビハインドゴールカメラの3Dラベルの回転を修正しました。

フリーハンドツールでの「元に戻す」の動作を改善しました。

ラグビーのサジタルフィールドの精度を改善しました。

その他の戦術的なボードの修正を行いました。

スリープ解除時、アプリケーションを開いたままモニターを追加・削除した場合の動作を改善しました。

キャリブレーション画像で自動検出を行う際、トラッキングデータを上書きしないようにしました。

フィールドサイズのキャリブレーションを改善しました。

3Dパネルでのテキストの自動回転を改善し、回転オプションを追加しました。

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト