5部でも、プレミアリーグレベルの分析を。英ソーリハル・ムーアズ・フットボールクラブの事例
見出し画像

5部でも、プレミアリーグレベルの分析を。英ソーリハル・ムーアズ・フットボールクラブの事例

Hudl Japan

ソーリハル・ムーアズ・フットボールクラブは、イングランド ナショナルリーグ(5部相当)に所属するクラブです。創設15年の若いクラブですが、Wyscoutとハドルスポーツコードを活用し、3〜5年以内のプロ参入を目指しています。

日々のスカウティングやリクルーティングでどのようにツールを活用しているのか、テクニカルディレクター Craig Cope氏とヘッド・アナリスト Megan Reesby氏にお聞きしました。

※Wyscoutについて:400以上のリーグの映像とスタッツのサッカーデータベース。選手のスカウティングから、現場でのチーム分析まで、様々なニーズに答えます。
※ハドルスポーツコードについて:試合中のリアルタイム入力、分析コードウィンドウのカスタマイズ、プレイリスト作成などができる分析ツールです。


プロ化に向けて重要な一角を担うのが、Wyscout

複数クラブでアナリストとして従事したのち、2018年にソーリハルにやってきたのがテクニカルディレクターのCraig Cope氏です。

「とても興味深いチームです。直近2年の投資をもとに、プロ化を進めようとしています。次の3〜5年でEFLリーグ1(イングランドプロサッカーリーグ、3部相当)に昇格することが一番の目標です。良い選手を獲得し、アカデミーのレベルをあげることに力を入れています」

Cope氏にとって、Wyscoutは欠かせないツール。2013年にチェルトナム・タウンFCでアナリストとしてのキャリアをスタートさせて以来、Wyscoutを使用しています。

Cope氏「Wyscoutがあれば、欲しい選手やプレー場面の動画をすぐに切り取ることができます。個々の選手の動きを取り出して追えるので、スタッフとのミーティングで重宝しています」


データから“ソーリハルサッカー”にあう選手を

Cope氏は、リクルーティングにもWyscoutを活用。ソーリハルでは、クラブのゲームモデルに基づき選手獲得における指標を設けており、プレースタイルに合った選手を見つけ出しています。

Cope氏「Wyscoutから客観的なデータを得られるので、獲得を考えている選手の比較や評価が十分にできています」

クラブと相性の良い選手かどうかを見極める手段として、データが活かされています。その代表例が、Joe Sbarra選手です。数ヶ月のレンタル契約期間を経て、2020-2021シーズン初めにバートン・アルビオンFCより移籍してきました。

Cope氏「プレースタイルなど、クラブが求める選手かどうか判断するためにデータを用いました。データと映像から予測した結果、12〜18ヶ月でチームに馴染み、エースミッドフィルダーになりえると判断したんです」


3分で、前半の映像とスタッツを共有できる

ソーリハルのヘッド・アナリストMegan Reesby氏は、2017年9月にクラブへ参加しました。主に自チームや対戦相手のスカウティングを担当しています。

Wyscoutとスポーツコードは、彼女にとっても欠かせないツールです。

Megan Reesby氏「対戦相手を想定した練習を組めるよう、スタッツや映像、練習のポイントをまとめ、スタッフ陣へレポートとして提出しています」

さらに、スポーツコードは「アナリストにとって必要なもの」だと続けます。

Megan Reesby氏「スタッフや選手は、いつでも自分たちの映像にアクセスできます。すぐに振り返って、プレーを修正できるんです。スポーツコードを活用するチームとしないチームとで、明らかに差が出ると思います」

試合中の分析にも、スポーツコードを活用しています。試合映像をリアルタイムでレコーディングし、ハーフタイムにスタッツと映像を合わせてベンチへ共有。「前半終了の笛が鳴ってから3分程度でデータの準備は終わっています」と、スポーツコードのスピード感を賞賛します。

Megan Reesby氏「ナショナルリーグ(5部相当)のチームでも、プレミアリーグレベルの分析を行なえるんです。ハドルスポーツコードがあるから、アナリストとして、より成長することができています。スポーツコードの導入は、必ず価値ある投資になりますね」

<参考記事>


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

Hudl Japan
スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト