【アップデート情報】スポーツコードV12.3.1
見出し画像

【アップデート情報】スポーツコードV12.3.1

スポーツコードのアップデート情報です。12.3.1が公開されました。

改善点

ソーター内で行の名前を編集できるようになりました。

"Exchangeから開く"でロード中のインジケーターを追加しました。

"Exchangeから開く"で試合一覧をチームごとでフィルターをかけられるようになりました。

「オリジナルの映像の時間」をhh:mm:ss形式で表示するように変更しました。

修正点

BigSurで使用する際に、データベースのソータービューでスクロールバーが一番上から始まらない問題を修正しました。

BigSurで使用する際に、テキストの入力中にテキストカーソルが2つ表示される場合がある問題を修正しました。

検索ウィンドウで、コード名が長い場合に切り詰められることがある問題を修正しました。

特定の条件下で、空のソーターが以前にリンクしていた映像を表示する問題を修正しました。

ソーターのフラギングの列がプレイリストの編集や行が移動されたあとにアップデートされていない場合がある問題を修正しました。

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト