見出し画像

ボカの若手の革命が「ロス・セネイセス」を栄光に導いた

Hudl Japan

ボカ・ジュニアーズは、若く、才能あふれるアカデミーの選手たちが活躍し、素晴らしいシーズンを送り、アルゼンチンチャンピオンに輝きました。


ボカ・ジュニアーズは、リーガ・プロフェッショナル 2022 の最終日を劇的に締めくくり、アルゼンチンチャンピオンに輝きました。

残り 1 試合で、ボカは僅差のライバル、ラシン・クラブを 1 ポイントリードしていましたが、ラ・ボンボネーラでのインデペンディエンテ戦を 2-2 の引き分けで終えました。一方アベジャネーダでは、ラシンがボカの名高きライバル、リーベル・プレートを相手に 1-1 の同点の状態で 90 分にペナルティキックを獲得し、ぎりぎりで試合に勝ってタイトルを手にするチャンスを得ました。

しかし、ジョナサン・ガルバンのペナルティキックをフランコ・アルマーニがセーブすると、リーベルはさらにラシンを追い詰め、ミゲル・ボルハがロスタイムで得点を決めました。

シュートがブロックされ、ボールがボルハの前に転がると、彼はラシンのディフェンダーを盾にしてゴールキーパーの死角になっているゴール下隅に向かってカーブをかけたボールを蹴り込みました。

思いもよらないところからの助けに関係なく、ボカはキャンペーンの後半に確かな安定感を見せて、リーグの価値ある勝者となりました。

監督にウーゴ・イバーラが任命されてすぐ、ロス・セネイセスは 13 試合連続で勝利し、無敵の存在であることを証明しました。

ボカはラヌース相手に終了間際に勝利のゴールを決めて、決意を示しました。 ヴァレラはボールを左バックのファブラにとばし、ディフェンダーに渡る前にファブラは身体を開いて受け止めました。 一方、センターでベネデットはセンターバックの死角に走りました。


ファブラがバイラインに向かって突進し、ラヌースの必死のチャレンジをかわし、センターバックとフルバックの間にスペースを見つけたベネデットにボールを戻すと、彼がゴールネットに力強く押し入れ勝利のゴールを決めました。

華々しいサッカーではありませんが、イバーラの指揮下での 13 勝のうち 12 勝が 1 点差で勝っていることからわかるように、イバーラはボカを手強い存在にし、優れた質を確保し、深みや精神を鍛えました。

最初の 7 試合で 13 ゴールを許したディフェンスを強化しながら、イバーラはクラブの若手にも大きな信頼を寄せていました。以前は副監督だったため、ボカが育てた才能ある選手たちをよく知っており、それが実を結びました。アカデミーでの成果が彼らの勝利に大きな役割を果たしています。

アラン・ヴァレラ

チームの守備的ミッドフィルダーの要であるヴァレラはすばらしいキャンペーンを展開し、イバーラのもとでレギュラーの座を確立しました。

21 歳のヴァレラは、ディフェンスの前で信頼感と好戦的な存在感を示しただけでなく、効率的にボールを操りながら、遠くからプレイの指示を出していました。

いつもの低いポジションでは、ディフェンスの盾となり、ラインの間のどんなボールも処理します。

統計をざっと見ると、ボカにとって彼がいかに重要かが見えてきます。ボカには、ヴァレラよりも高いパス成功率 (88.53%) を持つ選手はいません。インターセプション (126)、リカバリー (283)、ディフェンスでのデュエル (141) のチャートでもトップです。

肉体的なタフさと技術のエレガントさを持ち合わせた「ディスコ」はファンのお気に入りとなり、将来アルゼンチン代表となる資質を持っています。

ルカ・ランゴーニ

トーナメントに突然現れたランゴーニは、決定的なゴールを何本も決めて脚光を浴びました。この二十歳のフォワードは、6 月にデビューし、18 回の出場で 6 ゴールを決めてボカの得点王としてリーグを終えました。

ゴールの数だけでなく、それぞれのゴールがタイトル獲得に重要な役割を果たしました。ランゴーニが得点したゴールはすべて試合の勝者を決め、ボカは効果的に自力で 11 ポイントを稼ぎました。

右サイドからの走り込みが特徴のランゴーニは、2 人のディフェンダーの間で素早く動き、後ろのネットにヘディングシュートを決めました。
パイエロがロングシュートを打った時、全員が立ち尽くしていましたが、ランゴーニだけはすでに走り始め、シュートを追っていました。 キーパーはそのシュートをそらしただけだったので、ランゴーニは広い空間でシュートを決めることができました。

チャンスを狙い、機敏に動くこのフォワードは、どこにいるべきか、いつ飛び込むべきか、恐ろしいほどの勘を持っています。ランゴーニは無名の控えの選手から一躍町のヒーローとなり、ボカアカデミーが現在抱えている人材の層の厚さを示しました。

エセキエル・セバージョス

セバージョスのシーズンは、コパ・アルヘンティーナのアグロペクアリオ戦で激しいチャレンジに負けた後、無情にもたった 10 試合で終わってしまいました。それにも関わらず、このトリッキーなウイングがキャンペーンの始めに見せた活躍によって、ボカの宝に注目が集まりました。

チャンギートというニックネームを持つセバージョスは、それでも 3 ゴールと 1 アシストを決めて、ダイレクトやドリブルでフルバックを脅かしました。機転の利くこの二十歳の選手は今年、オフェンス側でのデュエル数が平均 16.6、90 分あたりのボール保持力 3.93 ですが、ドリブル (90 分あたり 9.79) はリーグで 3 番目に高く、なんと 63.73% の成功率を誇ります。

ランゴーニやヴァレラほど大きなインパクトを残したわけではありませんが、セバージョスのクリエイティブさや攻撃の脅威は見逃されており、チームに戻ってくれば間違いなく歓迎すべき戦力となることでしょう。

セバージョスは、かかとでボールを後方にいるチームメイトに飛ばし、移動を開始しました。 彼は走り続け、敵によってフィールドからはじき出されそうになりながらも何とか転ばずに、コーチやラインズマンをギリギリでかわして前へ飛び出しました。
ピッチに戻ると、セバージョスはボールを受け取り、フィールドで素早く動き、彼のトレードマークである俊敏さと厳密なコントロールで 2 回のチャレンジをかわしました。
セバージョスは危険なエリアへと走り続け、彼の後を追って来る選手たちを置き去りにします。 それから、左ウイングの (少なからずバスケスの背後からの巧みなランのおかげで) ノーマークのヴィラにノールックパスを出し、ヴィラがゴールを決めて 2-0 となりました。

クリスティアン・メディナとルイス・バスケスも試合に多く参加し、イバーラはゴンサロ・モラレス、アグスティン・サンデス、ガブリエル・アランダのような選手を使うなど、ボカの若手による革命が進行中です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!