新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

バルサの小6から受けた「衝撃」。小坂雄樹が語る、分析官の本音

横浜F・マリノス、浦和レッズ、モンテディオ山形、ベガルタ仙台の4クラブでコーチを務めた小坂雄樹さん。筑波大学大学院卒業後に、“いきなり”岡田武史さん(元日本代表監督)率いるマリノスに加わり、Jリーグでのキャリアをスタートしました。

分析官の役割も務めた小坂さんは、「分析力で、日本が世界に遅れを取っているのは明白」だと言います。その分析力を高めるために必要なことは何なのか。プロの現場で感じた本音を伺いました。

経験の浅いままJクラブへ。クラブハウスに宿泊も

私は福島県出身で、高校まで本格的にサッカーをしていました。大学ではサークルでサッカーを楽しんで、卒業後は就職。1年間、社会人として仕事をしました。ただ、学生時代に教員免許を取得していたので、学生のサッカーの指導者になりたいなと。その勉強をするために、筑波大学の大学院に入りました。

筑波では、小井土正亮(筑波大学蹴球部現監督)と蹴球部(noteインタビュー記事はコチラ)での指導も行ないました。JFA(日本サッカー協会)のS級ライセンス(協会公認の指導者資格の最高位)の講習会に、補助学生として参加したこともあります。当時の受講生は、ラモス瑠偉さんや風間八宏さん。名高い方たちばかりで、緊張しましたね(笑)。


そこでは、樋口靖洋さん(現在はFC琉球監督)ともお会いしました。その年のJリーグは、岡田武史さん率いる横浜F・マリノスが優勝して、来季のACL(アジアチャンピオンズリーグ)への出場権を獲得。クラブの強化に向けて、分析を担うアシスタントコーチが必要になり、マリノスに行くことになりました。

筑波の蹴球部でも、コーチという立場で分析は行なっていました。ただ、プロ選手の経験がなく、アマチュアでの指導歴しかない私が、いきなりJクラブのスタッフに。しかも、元日本代表監督のもとだったので、力になれるのかが不安でした。


最初は経験がない分、とにかく仕事に時間を割いていました。クラブハウスに泊まったこともありましたね(笑)。寝不足になってしまい、練習に集中できていないこともしばしば。

岡田さんは人を良く見ている方でした。当初は「お前はコーチだからな。まずはピッチの上で起きていることを見なさい」と言われました。時には練習に混ざったり、練習試合に出ることもあって。私にとっては重労働でしたが、それにも狙いがあったのだと思います。

ブレイクを遂げた坂元達裕の獲得秘話

マリノスには14年間在籍し、その後は浦和レッズ、モンテディオ山形、ベガルタ仙台でコーチを務めました。多くの監督のもとで働きましたが、岡田さんや木山隆之さん(元ベガルタ仙台監督)、大槻毅さん(元浦和レッズ監督)は、特に分析を重要視していました。

木山さんは山形時代、東洋大学からドリブラーの坂元達裕(現在はセレッソ大阪所属)を獲得しました。私がモンテディオに加わる前の話ですが、練習参加の時には、初日以外はパフォーマンスが良くなかったそうです。それでも木山さんは、「こういうのはファーストインプレッション(第一印象)だ」と言って、彼を獲得しました。

私はキャンプで初めて坂元のプレーを見て、度肝を抜かれました。クラブにすぐに適応して、J2全試合に出場。周囲の想像を超える活躍でした。

翌年には、J1のセレッソに移籍。私と木山さんはベガルタに移りましたが、セレッソ戦では、彼に一度もドリブルで抜かせないようにしました。フェイントのパターンなどをすべて選手に伝えたんです。これも分析官としての重要な仕事ですね。

その年に三笘薫(川崎フロンターレ所属)がブレイクしましたが、彼はマンマークして、パスコースを防ぐしかないです。ボールを持たせたら、もう止められないので(笑)。

バルサの小学6年から感じた、世界の分析力

近年は、トラッキングデータなどの発達によって、プレーが可視化されています。得られる情報が多くなった分、選手や監督に提供する内容の取捨選択をしなければいけません。また、情報を適切に扱うために、私たちの分析力を高める必要があります。

それは選手も同じです。以前、スカパー!では「バルサTV」という番組がありました。育成年代からトップチームまで、FCバルセロナの情報を凝縮。その番組で、小学6年の選手のインタビューを見た時に、衝撃を受けました。

「今日の試合はどうでしたか?」という質問に対して、「試合前に監督からこのような指示があった」「相手が違うプランで来たので、選手でやり方を変えた」「ハーフタイムに監督からの指示があって、修正して勝つことができた」と。


当時、日本では「世界にはこういうトレーニングがあるんだ」という話をしていましたが、彼らはその先を行っていたんです。インタビューでの発言から、分析力の高さを感じました。

日本の選手の技術や体力は、昔より上がってきていると思います。ですが、分析力では世界に置いていかれています。試合の中で何が起こっているのかを見て、分析して、実践する。FCバルセロナの選手は、それを試合後に言葉でも表現できるんです。


「頭」を鍛えることで世界との差は縮まる

Hudlを使い始めたきっかけは、2014年にマリノスがシティ・フットボール・グループ(世界的なサッカー事業グループ。プレミアリーグの強豪、マンチェスター・シティの親会社でもある)に加わったことです。

マンチェスター・シティでヘッドアナリストを務めていたエドワード・サリー氏が、マリノスにHudlを勧めてくれました。存在自体は知っていましたが、日本には個人で使っている人はいても、クラブで使っている事例がなかったんです。


新しいツールを取り入れる時には、「使いこなさないといけない」というハードルがあります。使い方が「分かる」だけではダメで、使いこなして選手に落とし込んでいかないと、何も生まれません。現場にいると、学ぶ時間もなかなか取れないですが、マンチェスター・シティやHudlのサポートもあって身についていきました。

最初は懐疑的ではあったものの、すぐに「もっと早く使えば良かった」と思いました。正直、映像編集の延長くらいにしか考えていなかったんです。映像やデータがスムーズに共有できますし、場所を選ばずに見られる。選手自身の分析も捗るので、分析力の向上に繋がります。


コロナ禍ということもありますが、テクニカルやフィジカルの分野は、コストカットされやすい部分だと思います。どれだけ選手の強化に結びつくのかが、説明しづらかったんです。最近はテクノロジーの向上によって、それを理解できるクラブが増えてきているように感じます。

私が加わったクラブには、契約の時に「Hudlを導入してほしい」と言っています(笑)。分析力で、日本が世界に遅れを取っているのは明白です。クラブやリーグがその問題意識を持てば、日本サッカー全体のレベルアップも図れます。

Hudlは、映像やデータを共有するだけでなく、コミュニケーションツールとしても使えます。選手と一緒に見て、考えて、それを言葉にする。心・技・体に加え、頭も鍛えることができれば、世界との差は縮まるのではないかと思います。

Hudlでは1ヶ月間の無料トライアルをご提供中です。 まずは試してみたい方、詳しい話を聞きたい方、 お気軽にご連絡ください!

36
スポーツの映像分析システムを開発しているHudl(ハドル)社の日本チームです。 様々なTipsや海外事例、さらには国内のユーザーインタビューなどを定期的にお届けしていきます。 #Hudl #スポーツコード #ワイスカウト